blog横濱探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS Yokohama mura 室町時代にはじめて”横浜村”が登場

<<   作成日時 : 2014/05/04 09:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像



横浜市の元となっている”横濱(浜)村”がはじめて登場した室町時代中ころの文書です。


和暦嘉吉弐年卯月二十六日
ユリウス暦西暦1442年6月4日
グレゴリオ暦西暦1442年6月13日

暦変換は「換暦」による

当時はユリウス暦でした。



画像



横浜村の登場


 農業技術の発達した中世は、土地の開発も進み、新しい村の成立が
みられるようになります。
 横浜市の名称のもととなっている「横浜村」が、文献に現れるのも室
町時代の中ころです。
 当時の横浜村がどのような村であったかは明らかではありません。
しかし半島状に長くのびた砂州の付根に位置することから、田畑を耕し
たり海で魚を捕ったりして生活する、いわゆる半農半漁の村であった
と思われます。

はじめて登場した「横浜」の名称


横浜の名称のもとになっている「横浜村」が室町時代の文献にはじめて
登場します。半島状に長くのびた砂州の付け根に位置していますので、
田畑を耕し、海で魚を捕ったりして生活していたと思われます。
皆さんの住んでいる地名のもとを探ってみると、新しい発見があるかも知
れませんね。




画像



鎌倉時代に”鴨志田郷”があった。 横浜村より古い地名だ。


横浜市歴史博物館常設展示場にて

2014年5月3日
横浜市都筑区



Copyright(C) まさじ (Masaji) 2013-2017

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Yokohama mura 横浜市の名前の由来
横浜市の元となっている”横浜村”がはじめて登場したのは室町時代中ころでした。 ...続きを見る
日本の文化と自然
2014/05/04 10:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Yokohama mura 室町時代にはじめて”横浜村”が登場 blog横濱探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる